廃エンドPC購入


CIMG0608.jpg

CIMG0609.jpg

メインPCを買い換えました。
買ったPCはVPCZ1。モバイルハイエンドカテゴリに属するものです。
買った目的は将来プレイするであろうFF14に対応するためです。

まず買ってよかったこと。

  • フルHDの液晶がとてもきれい
    字がそれなりに細かくなって読むのが大変ですが、発色が鮮やかです。
  • 全体的に速い
    ネットワーク越しのフルHDの動画もストレスなく再生できるようになったので、CPU速度もネットワーク速度も速くなったんだなって思います(前のは音声が途切れてカクカク)
  • 冷却ファンが回ることが少なくなり、静かになった
  • グロッシープレミアムカーボンがつやつやでとてもカッコ良い
  • 暗い所だとだんだんバックライトが暗くなってキーボードが点灯するのがカッコ良い

難点だと思ったこと

  • 値段が高い
    HDDだと光学ドライブが載せられないので仕方なくSSDにしたんですが、値段に直接響いて40万近くいってしまいました。
  • 液晶が細かすぎる
    前に書いたことと相反するようなことを書きますが、やっぱり細かすぎます。たぶん4年後には直視できなくなってるかも…
  • キーボードがヘボイ
    今回は英語キーボードにしてみましたが、なんというか、キータッチがよくないです。

ベンチマークはまだ詳しくは試していないのですが、FFXIベンチはHモードで約7000点。ほとんどコマ落ちが見られなかったです。
そのうちにラストレムナントとか試してみようと思います。

ちなみに前のPCは下取りに出しましたがそこそこいい値段で売れました。

しかしPC1台で40万は人生終わってるよな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください