月イチの湯特別企画 テルマエ・ロマエ


映画を見に行ってきました。
タイトルの通り、テルマエ・ロマエ。
古代ローマの公衆浴場と日本の風呂・銭湯・温泉を題材にしたものです。

古代ローマの浴場設計技師・ルシウス(阿部さん)が溺れるたびに現代の日本にワープして、それを元にローマに浴場を設計し、それが皇帝に気に入られ、さらに現代人たちを巻き込みながら、そして歴史改変の危機を阻止しながら、次期皇帝のために新しい温浴治療施設を建設します。

現代にワープした時の日本人を見て「平たい顔の人種」とか言い出すのが面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください